のぼり旗の始まり

のぼり旗はよい広告。いったいのぼり旗はいつごろから広まったのでしょうか。

のぼりマーケットメイン画像

のぼり旗の始まり

のぼり旗といえば、思い出すのは、近所のたい焼き屋ののぼり旗です。

青い生地に赤く文字で書いた、たい焼き屋ののぼり旗は、遠くからでもよく目立っています。

自宅を改造して、たい焼き屋開業を決めたらしく、口コミで広まったたい焼き屋さん。

のぼり旗が風になびいて、よい宣伝の役目を果たしています。

のぼり旗は、無人でも人を呼び込めるよい営業の役目をしていると思いませんか。

看板は看板で面白いけど、のぼり旗は、なんだかもっと自然なイメージです。

広告以外にも、神社やイベント時にのぼり旗は用いられています。

お祭りでもよく見かけますよね。

かき氷とかりんご飴とか。

なんだかおなかがすいてきました。

のぼり旗はいったいつごろから作られたのでしょうか。

のぼり旗は平安時代のながれ旗が変化したものだといわれています。

ながれ旗とは長い布の短い方辺に木を通して紐で吊り上げて風になびかせるようにしたもの。

敵と自分の軍隊の区別ができるように使われていました。

ところが、室町時代になると、武家の同族間での争いが増えたために、同じ流れ旗と家紋をもつ敵味方の判断に混乱が生じ始めました。

そこで、開発されたのがのぼり旗。

布地の長辺と短辺をあわせて竿に取り付け、識別の判断が出来るようにしました。

おすすめ動画

有玉神社 祭禮 幟猿

有玉神社祭禮の幟が朝早く建てられた。青い空に白地に黒字が鮮やかに映える。

おすすめリンク

日本赤十字社青森県支部/手製の赤十字旗
http://www.aomori.jrc.or.jp/mikami00.html

Copyright www.healingsoulsongs.com.All Rights Reserved.

当サイト(のぼりマーケット)の記事・画像などの無断転用を禁止します。